スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう1度、基本に立ち返る。

今朝は、北海道聖書学院の坂西信悟神学生がメッセ-ジを取り次いでくれました。
彼は、幼稚園で3年間勤務した後、神学校にすすみました。

今日はヨハネによる福音書から教えられました。
くせのない話し方で、耳が聞こえにくい方にも、今日は、とても配慮のあったメッセ-ジでした。

いろいろと聖書の箇所を引用されましたが、最後に黙示録からのみことばが心に響きました。
この箇所は、私が教会学校や、幼稚園で教えていた頃によく子ども達に説明した箇所でした。

『見よ。わたし(イエス様)は、戸の外に立って、たたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、
わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。』 (黙示録3章20節)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。